チャットレディはどこまで露出するの?配信中の禁止行為を徹底解説

チャットレディをやってみようと思っても、「どこまで露出して良いのか・すれば良いのか分からん」ってなりますよね。

アダルトチャットで稼ぐにはある程度の露出は必須だけど、限度を知らずに露出し過ぎると犯罪行為になるケースもあります。

普通にパクられるので要注意

代理店を通すならスタッフが色々教えてくれるけど、直契約として在宅で配信する方は特に注意が必要。

チャットレディは代理店(プロダクション)と直契約どちらが良いのか問題

ってなわけで当記事では、チャットレディの露出限度や禁止行為について紹介します。

目次

『アダルト』か『ノンアダルト』かによってどこまで露出するかは異なる

まず、当たり前だけどアダルトとノンアダルトでは露出範囲もパフォーマンス内容も全く異なります。

パッと見で分かりやすく言えば、それぞれの違いは次の通り↓

アダルトチャット
  • 露出レベル
    …下着を見せる
    …裸になる
  • パフォーマンス内容
    …自分の身体を触る
    …アダルトグッズを使う
    …オナニーをする
ノンアダルトチャット
  • 露出レベル
    …下着を見せる
    …谷間を見せる
    …コスプレ衣装を着る
    …脚を見せる
  • パフォーマンス内容
    …会話がメイン

こんな感じ。

もっと詳しくアダルト・ノンアダルトの仕事内容の違いについて知りたい方は、下記記事を読んでみてね

【チャットレディの種類】アダルトとノンアダルトの違いを徹底比較

アダルトチャットの禁止行為

んじゃ、アダルトチャットレディの禁止行為について紹介します。

禁止行為にはサイトからペナルティを受けるだけでなく、ノーマルに逮捕される行為も含まれるので気を付けましょう。

  1. 性器を露出する行為
  2. サイトによってはアナルもNG
  3. 男性(第三者)とのプレイ
  4. 公共の場所での配信

性器を露出する行為

アダルトチャットで最も気をつけなければならないのが性器の露出です。

サイトのルールとかの問題ではなく、公然わいせつとして犯罪行為にあたるからです。

「ちょっとぐらいなバレない」と思っていても、実際に逮捕者が出ていますので要注意。

全裸でパフォーマンスする際は絶対に見えないように、かなり集中してお仕事する必要があるよ

サイトによってはアナルもNG

アナルに関しては、まぁグレーゾーンといったところ。

むしろ、サイトによっては出してもOKというルールになっています。

しかし、誤って性器の露出につながる危険性が高いから多くのサイトでは禁止行為になってます。

危険な橋を渡りたくないなら無難に辞めとこう

男性(第三者)とのプレイ

男性を交えてのチャットは禁止されています。

ってのも、異性と出演すると過激なパフォーマンスとなり、公然わいせつとみなされる可能性があるからです。

ちなみに、体の一部や声だけの出演も全て禁止となっています。

もし機材のトラブルなんかをチャット中に男性スタッフに直してもらう場合は、一度チャットを中断するようにしよう

公共の場所での配信

ネットカフェや公衆トイレなど、公共の場所でのライブチャットは禁止されています。

これも理由は公然わいせつにあたるから。

禁止行為、だいたい公然わい説(うまい)

外で配信をするなら、せいぜいホテルまで。

ただし、どのサイトでも原則的には自宅かチャットルームでの配信が義務付けられています。

ノンアダルトチャットの禁止行為

次はノンアダルトチャットレディの禁止行為↓↓

  1. アダルト関連の接客は全てNG
  2. 出会いを目的とする発言
  3. 水着出演(期間限定でOK)
  4. 他サイトに誘導する発言

アダルト関連の接客は全てNG

ノンアダはノンアダルトなので、アダルトな言動は一切NGです。

当たり前過ぎて

会話はもちろん、身体を触るなどの軽いパフォーマンスも禁止となっています。

あくまでノンアダルトは会話専門のライブチャットということを頭にブチ込んでおきましょう。

出会いを目的とする発言

出会いを目的とした発言は禁止です。

なぜならライブチャットサイトは、出会い系サイトではないからです。

まあ、わざわざライブチャットなんかで出会いを求める子もいないだろうけど・・・

しかし、お客様の中には勘違いしている方もいます。ライブチャットはあくまでチャットを通してコミュニケーションを取るのが目的ですのでお忘れなく。

ノンアダで集客しつつ、「エロいことしたい人はプライベートで・・・」みたいな、裏引きや掛け持ち風俗への客引きなんてしちゃダメだよ。

水着出演(期間限定でOK)

ノンアダではアダルトなパフォーマンスが一切できないため、コスプレを着用して配信するチャットレディが多いです。

ところが、水着は露出が激しいため基本はNGとなっています。

水着以外にも、あまりにもセクシーすぎるコスプレ衣装は、サイトから警告が来る可能性があります。

ただ、水着に関しては夏に「水着イベント」が行われることがあるので、その場合は着用しても問題ありません。

衣装の加減が分からん方は、代理店とかでレンタルできる衣装を使えば良いと思う

チャットレディは代理店(プロダクション)と直契約どちらが良いのか問題

他サイトに誘導する発言

チャット中に他のサイトに誘導する行為は当たり前にNGです。

これはアダルトでも共通。管理者コメントでのやり取りの際も、具体的なサイト名を出すのは禁止です。

しかし、実際は別サイトへの誘導を行なって上手に稼いでいるチャットレディがいるのもまた事実。頭文字だけでどのサイトか分かるようにしておくなど、隠語を使ってやり取りすることが多いです。

まぁ、この辺は深くは掘り下げませんので、とりあえず頭を柔軟にね

禁止行為によるペナルティの種類

んじゃ、もし禁止行為をしちゃったらどうなるの? って話だけど、基本的にはサイトや代理店からペナルティをくらいます。

  1. チャットの強制終了
  2. アカウントの停止
  3. 報酬の減額
  4. 悪質な場合は逮捕

チャットの強制終了

禁止行為になりそうな言動をすると、まずサイト側から警告の案内が来ます。

アダルトで裸になっているなら、「(性器が)見えないように気をつけてね!」などといった内容です。

で、アングルを変えるとこの警告表示は消えます

でも、そのまま放置しているとチャットが強制終了させられます。

アカウントの停止

チャットの強制終了の回数が増えていくと、今度はアカウント停止の処分をされます。

一度アカウントが停止になると、再度登録することはできません。

そのサイトでは二度と仕事ができなくなります。ライブチャットで稼ぐには、複数のサイトを掛け持ちするのが鉄則なので痛手となります。

アカウント停止は収入減に直結するから、マジで気をつけようね

報酬の減額

禁止行為に対して改善の余地がないと判断された場合、報酬を減額されてしまうことがあります。

そもそも、『わざわざ禁止行為なんてしねぇよ、したくねぇよ。』って思うかもだけど、禁止行為は過激なものが多いので、一気に荒稼ぎするのも難しくありません。

だから、稼ぎたい一心でバレないように禁止行為しちゃう子もいるんだよね

そういった悪質なチャットレディを取り締まるために、報酬の減額という対応も行っているんです。

悪質な場合は逮捕

これは稀なケースだけど、禁止行為を繰り返して目立っていると逮捕される可能性もあります。

ライブチャットを見た人が、証拠を残して通報すると逮捕に至るという流れです。

こういった事例の多くは海外サイトだけど、逮捕者は実際に国内でも複数名出ています。

マジで身バレどころの問題ではないので、絶対に避けたいところ

お客さんに禁止行為を要求された時の断り方

禁止行為を守ろうと思っていても、お客さんから要求されるケースもあります。

そうなったときに、断りきれずに禁止行為をしちゃうのはNG。

次の4つのポイントで上手に断りましょう。

  1. 違う話題に持っていく
  2. 「恥ずかしい」と言って流す
  3. きっぱりと断る
  4. あまりにもしつこい場合はブロック

違う話題に持っていく

ノンアダルトで多いのが、アダルトな内容に話を持っていかれること。

でも、ノンアダではアダルトな言動すらNG。

なので、会話がメインのノンアダルトでは、違う話題に持っていくスキルが必須です。

で、そんなときに使えるのが聞こえないふりです

例えば、エッチなシチュエーションに関する話題を振られたとしても、「あのドラマこういうシーンがあってキュンってしたな」と答えれば、自然とアダルトな内容から話を逸らせます。

お客さんから見て、「聞こえなかったのかな?」と思わせるようにしていくのがポイント。

「恥ずかしい」と言って流す

悪質なお客さんは、大体過激なパフォーマンスを求めてきます。

そういった際は、「恥ずかしいからごめんね。」と可愛らしくお断りしましょう。

恥ずかしいという理由なら、このまま押せばリクエストに応じてくれるかもしれないとお客さんは思います。

男の子は単細胞

そうすれば、禁止行為を流しつつ、期待を抱かせてチャット時間を伸ばすこともできるので一石二鳥。

きっぱりと断る

禁止行為をキッパリ断れないのって、お客さんを繋ぎ止めたい(稼ぎたい)って気持ちが強いからですよね。

それなら、チャットに慣れてきて固定のお客さんもついてきたらキッパリと断るのも手です。

禁止行為がどういうものなのか、お客さんも分かっているはずだから、理解あるお客さんだけを相手にすればOK。

どんな要望にも無理して対応するんじゃなくて、自分を守るためにはキッパリとお客さんの取捨選択をすることも大切

あまりにもしつこい場合はブロック

あれこれ対処法を試してみたはものの、なかなか引き下がらないお客さんもいます。

それでもチャット時間を伸ばせるなら良いけど、中にはひどいコメントをしてくる方もいます。

そういったお客さんは大抵長続きしないので、丁重にブロックして差し上げましょう。

どの業種にも存在するクソ客に乾杯

禁止行為を絶対にしないための事前対策

禁止行為ダメだよ!するなよ! って言っても、知らん間に禁止行為をしちゃったりって場合もありますよね。

見えてないつもりが見えちゃってたり。

なので、そういった部分の対策も含めて、次の4つのポイントを事前対策として覚えておきましょう。

  1. 休憩中にカメラで練習
  2. 断り方をテンプレ化しておく
  3. PCの下に鏡を置いておく
  4. トーク術を磨く

休憩中にカメラで練習

待機中とチャット中以外にログインしている場合は、「休憩中」という状態になります。

「休憩中」の状態だと、カメラはついているものの、お客さんも運営会社もチャット画面を見ることはありません。

挑戦してみたいけど勇気が出ないアングルは、このときに練習しておくと良いです

断り方をテンプレ化しておく

いきなり禁止行為を要求されると、パニックになってどうしたらいい分からなくなるかもですよね。

なので、断り方をテンプレ化しておくと焦らないのでオススメ。

  • 性器を見せてほしい
    …怒られちゃうよ!
  • 会ってみたいナ
    …サイトで禁止されてるからゴメンね!

などなど。

チャットレディは柔軟性が求められる仕事だけど、禁止行為の断り方に関してはテンプレ化してしまってOK

PCの下に鏡を置いておく

アダルトチャットをする際は、PCの下に鏡を置いておきましょう。

鏡を置くことで、性器が露出していないか確認できるのでオススメです。

顔が写った状態で確認すると怪しいので、胸の部分をアップにしているときなどに確認すると◎

自分では隠せていると思っていても、意外と見えてしまっていることがあるので、対策としてはかなり有効だよ

トーク術を磨く

アダルトチャットはパフォーマンスがメインだけど、ノンアダルトでは、これでもかというほどアダルトな話題を振られます。

お前らなんでノンアダチャット来たん? ってくらい振られます。

で、さっきも言ったようにシカトも使えるけど、最終的には『どうしたら上手に流せるか』というトーク術を磨いておいたほうが良いです。

慣れてくれば自然とトークのスキルは上がってくるので、素人感とプロ意識のバランスを上手に取って、安全にチャットレディの仕事に取り組みましょう。

まとめ

ってなわけで、ここまでの内容をザックリまとめると・・・

  • アダルトの露出範囲は性器以外で自分の許容範囲
  • ノンアダは谷間や足までがギリ
  • 逮捕リスクもあるから要注意

です。(ザックリ過ぎ)

過激過ぎる露出は稼げるけどNG、ノンアダならアダルトな会話すらもNGなど、なかなか面倒な部分も多いです。

でも、この記事で紹介したような事前対策をして最低限のルールさえ守って大丈夫なので、あまり神経質にならずに始めてみて下さい。

少しでも参考になれば幸いです。では、さようなら

目次
閉じる